米コカ・コーラ、ABインベブとの合弁解消 子会社持ち分3700億円で取得

2016.12.22 05:00

 清涼飲料世界最大手の米コカ・コーラは21日、ベルギーのビール最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)とのアフリカでの合弁事業を解消したと発表した。

 コカ・コーラの声明によると、アフリカで清涼飲料ボトリング事業を手がける合弁会社コカ・コーラ・ビバレッジズ・アフリカ(CCBA)株のABインベブの持ち分54.5%について、31億5000万ドル(約3710億円)で取得することで合意した。

 同時にABインベブがアフリカのザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、スワジランド、レソトや中米のエルサルバドル、ホンジュラスで展開しているボトリング事業を買い取ることでも合意した。買収額は明らかにしなかった。

 コカ・コーラは、他社との間で再フランチャイズ契約を締結するまで、対象地域の事業全てを保有すると説明した。同社は資産削減戦略を進めており、世界2位の経済大国である中国でも、全てのボトリング事業から撤退している。

 同社はより多くの資金が必要な低利益率の設備投資リスク削減を目指す方針の一環として、ボトリング事業のフランチャイズ再編の動きを加速する計画を発表している。(ブルームバーグ Daryl Loo)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。