AIIB発足1年、人材確保に苦労 9事業17億ドル超を融資 (1/2ページ)

 中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が、25日で発足から1年となった。7カ国への資金提供を決め、多くは他の国際金融機関と組んで協調姿勢を打ち出して始動した。新たに加盟を申請する国は増えているが、人材確保には苦労している。

 パキスタン中部パンジャブ州ショルコット。黄色いカラシナの花が広がる田園地帯で12月中旬、高速道路を64キロメートル延伸する工事の準備が始まっていた。

 AIIBが第1弾案件の一つとして1億ドル(約117億円)を融資。地元住民は「病院や市場がある都市へのアクセスが良くなる」と期待を寄せた。ただ、現地当局によると、工事を受注したのは中国の建設会社で、現場には約300人の中国人の技師などが派遣される予定だという。

 この道路は中国西部からインド洋へ抜ける「中国・パキスタン経済回廊」の一部となる。中国が各国との連携強化を狙う現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に沿った事業であることも選定理由だとみられる。

 AIIBは既に、バングラデシュの電力網整備やインドネシアの貧困地区改良など、7カ国の計9事業に総額17億3000万ドルの融資を決めた。

高まる米の加盟観測 日本は戦略再考も