二酸化炭素観測衛星の打ち上げ成功

2016.12.29 05:00

 中国新聞社によると、中国はこのほど、酒泉衛星発射センターから運搬ロケット「長征2号D」で地球二酸化炭素(CO2)観測科学実験衛星の打ち上げに成功した。これは記者が中国科学院から知り得たもの。中国国営新華社通信(電子版)が伝えた。

 中国科学院国家空間科学センター副主任・炭素衛星プロジェクト副総指揮の●建村氏は今回の打ち上げについて次のように説明している。

 同衛星が成功裏に開発され、今後軌道上で安定運行されることにより、わが国は重点地域ひいては世界の大気中のCO2濃度観測能力を初歩的に構築するだろう。これには地球の炭素循環過程や、地球の気候変動に対する炭素の影響を十分に理解する上で重要な意義があり、国際気候変動におけるわが国の発言権を高めることができる。(RP=東京)

●=龍の下に共

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。