航空管制官に「燃料が不足している」…優先着陸まかり通る虚偽申告 (2/2ページ)

 当局高官は、問題となった3機のパイロットは、実際に燃料不足の事例が発生した場合に備える態勢に深刻な脅威を与えたと述べた。パイロットらは停職処分となっている。

 スパイスジェットは容疑を否認し、同社のパイロットは優先着陸を要請したり、燃料不足を申告したりしていないと述べた。インディゴはコメントを拒否。コメントを求める電子メールに対し、エア・インディアからの即座の回答はなかった。

 DGCAはここ数カ月、航空機同士の異常接近やスタッフの過重労働、パイロットやクルーの飲酒など、おびただしい数の航空会社の安全基準違反を厳しく取り締まっている。米連邦航空局(FAA)は2014年、インドの航空安全管理体制の評価を引き下げたが、一連の是正措置を受け、翌年これを引き上げた。

 格安航空会社(LCC)の登場で旅行ブームに沸くインドでは、旅客輸送市場がライバルの中国の2倍のペースで成長中だ。アショク・ガジャパティ・ラジュ民間航空相は、国内小都市間の空路構築に向けたルールが策定されたことを受け、27年には5億枚の国内線航空券が販売されるようになるだろうと予想している。(ブルームバーグ Anurag Kotoky)