東京株、大納会終値は30円安の1万9114円で終了 年間では80円高で20年ぶり高値に

2016.12.30 15:13

大納会で打鐘するレスリングの伊調馨選手 =30日午後、東京都中央区の東京証券取引所(川口良介撮影)
大納会で打鐘するレスリングの伊調馨選手 =30日午後、東京都中央区の東京証券取引所(川口良介撮影)【拡大】

  • 大納会で打鐘するレスリングの伊調馨選手 =30日午後、東京都中央区の東京証券取引所(川口良介撮影)
  • 大納会で打鐘するレスリングの伊調馨選手 =30日午後、東京都中央区の東京証券取引所(川口良介撮影)

 大納会となった30日の東京株式市場で、日経平均株価は小幅続落で取引を終えた。終値は前日比30円77銭安の1万9114円37銭。午前中に一時大台の1万9000円台を割り込む場面もあった。1年間の騰落は80円66銭高と値上がりし、大納会終値としては1996年以来20年ぶりの高値水準となった。

 この日は147円安の1万8997円と1万9000円割れで寄り付き、午前終値も77円安の1万9067円と軟調が続いた。

 しかし午後になって、対ドル円相場が午前の116円台前半から116円台後半へと50銭以上の円安に振れた。さらにこのところの続落傾向を受けて、割安感のある銘柄を中心に買い戻しが進んだ。値上がりに転じる場面が続いたが、最後に失速して安値圏で終了した。

 東証株価指数(TOPIX)の終値は、前日比0.22ポイント高の1518.61と、こちらは値上がりで締めくくった。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。