「想定外」連発も…株・為替ほぼV字回復 トランプ相場で流れ一変 (1/3ページ)

2016.12.30 19:26

東京証券取引所の大納会を見つめる見学者ら=30日午後、東京都中央区の東京証券取引所(川口良介撮影)
東京証券取引所の大納会を見つめる見学者ら=30日午後、東京都中央区の東京証券取引所(川口良介撮影)【拡大】

 平成28年の東京市場は、日銀のマイナス金利政策の導入や英国の欧州連合(EU)離脱決定、米大統領選でのトランプ氏勝利など、「想定外」の連続で株や為替は何度も乱高下し、激動の1年となった。年初から中盤は円高・株安に大きく振れたが、トランプ氏の経済政策への期待を背景とした11月以降の「トランプ相場」で流れは一変し、急激な円安・株高が進行。日経平均株価も円相場も、ほぼ「V字」の姿となった。(森田晶宏)

中国経済の減速懸念

 「大方の市場関係者の想定が何度も覆され、立て続けにサプライズ(驚き)が起きた年は、記憶する限り初めてだ」

 三井住友アセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジストは、今年をこう振り返った。

 資産運用会社のスパークス・アセット・マネジメントが個人投資家に実施した調査で、今年の東京株式市場を表す漢字1文字で最多だったのは「乱」。前年も首位だったが、全体に占める割合は前年の約1割から今年は約2割に上昇した。

 1月4日は、中国経済の減速懸念から平均株価が大発会としては過去2番目の下げ幅を記録。戦後初めて年初から6営業日続落となり、早くも暗雲が立ちこめた。原油先物相場が急落して約12年ぶりの安値に沈み、産油国が株式市場から資金を引き揚げるとの懸念が強まったことも打撃となった。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。