時価総額ランキング、ソニーは17位に上昇 首位はトヨタ

2016.12.31 06:22

 東京証券取引所が30日発表した2016年末時点の東証1部の時価総額ランキング(政府保有分含む)によると、首位は前年に続いてトヨタ自動車だった。国内通信事業が好調だったソフトバンクグループが5位、不振のスマートフォン事業の合理化を進めたソニーが17位と順位を上げた。「ポケモンGO(ゴー)」が世界的な人気となった任天堂は31位だった。

 首位のトヨタ自動車の時価総額は22兆4428億円、2位のNTTドコモは10兆5416億円、3位のNTTは10兆2974億円だった。ソニーは前年の26位から17位に上昇し、業績好調の三菱商事は21位だった。三菱電機は29位に入った。

 上位には、国内事業が好調な大手通信のほか、日米金利差の拡大を意識した円安を背景に、業績の押し上げ効果が期待される自動車、電機メーカーなどが並んだ。

 一方、前年2位の三菱UFJフィナンシャル・グループは4位に後退。マイナス金利政策による収益減が響いた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。