固定化する格差社会、6割が悲観…「韓国の社会動向2016」が描き出すヘル朝鮮 (1/4ページ)

2016.12.31 15:20

固定化する格差社会を報じる韓国のニュース番組(youtubeより)
固定化する格差社会を報じる韓国のニュース番組(youtubeより)【拡大】

  • 韓国統計庁の報告書「韓国の社会動向2016」では、格差社会の固定化は覆せないと悲観視する国民が6割にのぼった(AP)

 5人に1人が自身を「社会の最下層」と考え、国民の6割が「努力しても上の階層には上がれない」と考えている…。「格差社会」のゆがみを如実に示すこの調査結果は、日本のものではない。韓国統計庁が公表した報告書「韓国の社会動向2016」に記された、韓国社会の実情だ。さらに、急性感染症の発生率は1960年代のレベルに急増、スマートフォン中毒の予備軍は4年間で倍増するなど、政府刊行物とは思えないほど悲観的なデータがめじろ押しである。こんな“ディストピア(理想郷と正反対の社会)”が韓国の実相だとすれば、かの国の若者が「ヘル朝鮮」と自嘲するのも無理はない。

 「土匙」と「金匙」…超格差社会浮き彫り

 「小川から龍が出る」という韓国のことわざがある。日本でいう「トンビが鷹を生む」に近い意味の言葉だ。「韓国の社会動向2016」の内容を報じた韓国の聯合ニュースや朝鮮日報は、そろって「国民10人のうち6人が、この言葉は不可能になった」と報じた。

 報告書によると、努力を通じて、一生の間に個人の地位が高まる可能性について、肯定的な回答は約2割にとどまる一方、「比較的低い」「非常に低い」とする否定的な回答は62.2%にのぼったという。通貨危機前の1994年には肯定的な回答が6割を超え、否定的な回答はわずか5%強だったが、20年あまりの間に逆転した形だ。

親の貧富の差をスプーンの材質になぞらえた言葉

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。