原油急伸、一時55ドル台 1年半ぶり高値

2017.1.3 21:55

 3日のニューヨーク市場で原油先物相場は急伸し、指標となる米国産標準油種(WTI)2月渡しが時間外取引で一時1バレル=55ドル台をつけた。約1年半ぶりの高値となる。主要産油国による協調減産の実施を受けて、世界的に需給が引き締まるとの期待から買いが入った。55.24ドルまで上げる場面があった。

 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどOPEC非加盟国は前月10日に、15年ぶりとなる協調減産を正式に決定。これをきっかけに原油相場は上昇傾向をたどっていた。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。