トランプ外交、中東政策のカギ握るユダヤ人脈 イスラエル右派にてこ入れか (1/3ページ)


【拡大】

 安倍晋三首相(62)がドナルド・トランプ次期米大統領(70)と11月に会談した際、同席した長身のイケメン青年を覚えているだろうか。トランプ氏の義理の息子ジャレッド・クシュナー氏(35)。トランプ氏を取り巻くユダヤ系人脈の中で、中東政策のカギを握る「側近中の側近」だ。

 彼はユダヤ教徒の中でも保守的な「ユダヤ教正統派」に属する。安息日や断食などの宗教戒律を厳格に守る人たちだ。トランプ氏の長女イバンカさん(35)は結婚のため、キリスト教からユダヤ教に改宗した。

 「正統派」は、ユダヤ系米国人の約1割に過ぎないが、宗教的情熱から聖地への思いが強く、イスラエル支援に熱心だ。旧約聖書を元に、ヨルダン川西岸のパレスチナ占領地を「神がユダヤ人に与えた土地」とみなす傾向が強い。西岸はイスラエルが1967年に武力制圧し、イスラエル右派は国際法に違反してここにユダヤ人の移住を進めている。クシュナー氏はこうした移住者が住む「入植地」の支援者だった。

 私は7年前に西岸の入植地を訪ね、米国人の多さに驚いた。中東和平は、アラブ系パレスチナ人による西岸への国家樹立が目標。米歴代政権も「入植地は認めない」の立場をとってきたが、彼らはおかまいなしだ。「ニューヨークのビジネスマンだった」という住民が何人もいた。掲示板はヘブライ語でなく英語。アメリカン・フットボールの愛好会まであった。米紙ワシントン・ポストによれば、クシュナー氏の家族は在米財団を通じて2011~13年、入植地に5万8500ドルを寄付した。

イスラエルの右派政権は、トランプ政権発足を前に活気づいている