NY株、大幅反発 中国の景況改善を好感

「上海中心大厦(上海タワー)」(右)。初めて報道陣に公開された三菱電機製エレベーターはピーク時には分速1080メートルで上昇し、同社は「世界最高速」をうたっている=2015年12月25日(河崎真澄撮影)
「上海中心大厦(上海タワー)」(右)。初めて報道陣に公開された三菱電機製エレベーターはピーク時には分速1080メートルで上昇し、同社は「世界最高速」をうたっている=2015年12月25日(河崎真澄撮影)【拡大】

 年明け3日のニューヨーク株式市場で、ダウ工業株30種平均は大幅反発した。3日に発表された中国の景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が市場予想を上回ったことで投資家がリスクをとる姿勢を強め、買い注文が膨らんだ。原油先物相場が上昇したことも相場を底上げした。

 午前10時現在、ダウ平均は前年末比130・00ドル高の1万9892・60ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は38・72ポイント高の5421・84。(共同)