【東京市場の注目銘柄】(5日)東ソー、3.3%安 (1/2ページ)

2017.1.6 05:00

 ≪原料の採算低下で営業減益予想≫

 ■東ソー(4042) 前日比3.3%安の819円。モルガン・スタンレーMUFG証券は4日付のリポートで、ウレタン原料のMDIや塩化ビニル樹脂の採算低下から来期は営業減益となり、コンセンサス(市場予測)を大幅に下回るとの見通しを示した。同証券は2017年3月期が865億円(会社計画850億円)、来期は790億円を見込む。新たな目標株価は800円とした。

 ■任天堂(7974) 1.6%安の2万4085円。米キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメントは保有する任天堂株を追加売却し、保有比率が14.76%から13.72%に低下した。関東財務局に5日提出された変更報告書で明らかになった。

 【半導体関連銘柄】 SUMCO(3436)が5.5%安の1500円、SCREENホールディングス(7735)が2.6%安の7110円、新川(6274)が3.9%安の850円など。岡三証券投資戦略部の小川佳紀シニアストラテジストは、半導体株は昨年末にかけて強さが目立っていただけに、年明けにポジション調整の売りが出てもおかしくないと指摘した。

 ■ピジョン(7956) 2.3%高の3075円。野村証券は4日、目標株価を3600円から3700円に上げた。中国で電子商取引(EC)へのシフトが順調な上、国内子育て支援などが堅調なことを踏まえて業績予想を小幅に上方修正した。

 ■第一生命ホールディングス(8750) 1.2%高の2039円。モルガン・スタンレーMUFG証券は4日付で投資判断を「イコールウエート」から「オーバーウエート」、目標株価を1600円から2550円に上げた。地域分散された事業ポートフォリオを持ち、国内外での金利上昇メリットを享受すると指摘した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。