東京株続落、終値66円安 トランプ氏発言で自動車が軒並み大幅安、ファストリは6%安

2017.1.6 15:58

 6日の東京株式市場は続落した。日経平均株価の終値は、前日比66円36銭安の1万9454円33銭。一時166円安の1万9354円まで値下がりする場面もあった。

 トランプ米次期大統領によるトヨタ自動車のメキシコ新工場建設批判を受けて、自動車、鉄鋼、機械などの製造業銘柄が下げた。トランプ氏の矛先となったトヨタ自動車株は一時下げ幅が3%を超えたが、終値では119円安の6930円と、1.7%安に下げ幅を縮小した。

 下げ材料となった円高ドル安は朝方に115円付近まで上昇したが、午後3時ごろは116円付近まで下落している。

 東証株価指数(TOPIX)の終値は、前日比2.36ポイント安の1553.32。東証1部銘柄の騰落は、50%の1008が値上がり、43%の864が値下がりと値上がりが上回った。

 ファーストリテイリングが6.7%安と大きく下げたほか、大手自動車がそろって下げた。マツダ3.2%安、日産自動車2.2%安、ホンダ1.9%安と、トヨタを超える下げ幅となった。このほか新日鉄住金が2.4%安、JFEホールディングスが3.1%安となるなど、主力株の値下がりが相次いだ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。