【今週の予定】9~15日、流通大手の第3四半期決算、米大統領就任前のトランプ氏が記者会見 (1/2ページ)

2017.1.9 10:00

トランプ次期米大統領
トランプ次期米大統領【拡大】

 <今週の焦点>

 ●流通大手の第3四半期決算集中

 今週は流通大手の第3四半期(3-11月期)の連結決算が集中する。10日はユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)、11日はイオンとローソン、12日はセブン&アイ・HDと続く。3カ月前の中間決算では、各社とも大型スーパーを中心に深刻な落ち込みとなったが、どの程度回復したかが焦点となる。またセブン&アイとイオンの頂上決戦の行方も注目されるところ。

 ●東商取が石油の現物市場を開設

 東京商品取引所は11日、ガソリンや灯油、軽油など石油製品の現物市場を開設する。国内取引所では初めてとなる。業者間の個別取引と異なり価格の透明性が高まるため、現物の指標価格として普及させるのが狙いだ。石油元売りや商社などが取引に参加する見通しだという。東商取は取引参加者からガソリンなどの希望売買価格や受け渡し場所などのデータを集約。参加者間で共有してもらい取引しやすいようにする。石油製品は季節要因や天候変動などにより、需要と供給のアンバランスが生じることが避けられないため、需給のギャップを調節する場として現物市場を設けることにした。東商取は既存の石油市場の活性化につながるとしている。

 ●就任前のトランプ次期米大統領が記者会見

 11日にニューヨークで。選挙期間中に述べた外交、通商、財政などの各政策との整合性についての発言が注目される。

 ●12月の米生産者物価指数、小売売上高が発表

 13日に発表。11月の米生産者物価指数は前年比1.3%上昇し、14年11月以降で最大の伸びとなった。小売売上高も微増で底堅かった。

 ●JPモルガンなど米国大手の決算発表

 JPモルガンは2016年の株式新規発行が減ったことで、ウォール街の金融機関では株式担当者の報酬が削減される見通し。

     ◇

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。