NY株反落、76ドル安 石油株売られる NY円は116円近辺

2017.1.10 08:18

 週明け9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、前週末比76・42ドル安の1万9887・38ドルと反落して取引を終えた。原油先物相場の下落で収益悪化懸念からエクソンモービルなど石油株が大きく売られ、相場全体を押し下げた。

 ドイツやフランスの株価が軟調だったことも、投資家心理を悪化させた。

 一方、アップルなどIT関連は買われ、ハイテク株主体のナスダック総合指数は10・76ポイント高の5531・82と、3営業日連続で終値の過去最高値を更新した。

 トランプ次期米大統領の記者会見が11日に予定されており「経済政策に関して新たな内容が出てくるかどうかを見極めたい」(米アナリスト)として、積極的な売買を手控える雰囲気もあった。

 同日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比87銭円高ドル安の1ドル=115円99銭~116円09銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・0568~78ドル、122円67~77銭。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。