米金融政策さらに引き締め 次期FRB議長の有力候補3人示唆 (2/2ページ)

2017.1.10 06:25

講演する米スタンフォード大学のジョン・テーラー教授(ブルームバーグ)
講演する米スタンフォード大学のジョン・テーラー教授(ブルームバーグ)【拡大】

 FRBは昨年12月の連邦公開市場委員会(FOMC)で、金利正常化プロセスの一環として追加利上げを決めた。フェデラルファンド(FF)金利誘導目標は現在0.5~0.75%だが、公表されたFOMC金利予測中央値によれば、当局者は誘導目標レンジの中間点が17年末までに1.4%に、18年末までに2.1%に引き上げられると見込んでいる。

 ハバード氏は、トランプ氏が大型減税やインフラ投資拡大の計画推進で成功するようなら、金融当局は利上げを加速させる可能性があると予想した。

 一方、元FRB理事で、ブッシュ政権の経済顧問を務めたウォーシュ氏は別のパネル討論会で、FOMCが景気拡大局面の早い段階で利上げの機会を見過ごしたと指摘。最大限の雇用と物価安定という当局の目標に極めて近づいている状況で、なぜ金利がこれほど低いのか疑問だと語った。(ブルームバーグ Rich Miller)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。