【東京市場の注目銘柄】(10日)スギホールディングス 4.9%安 (1/2ページ)

2017.1.11 05:00

 ≪通期会社計画の下方修正を嫌気≫

 ■スギホールディングス(7649) 前営業日比4.9%安の5400円。2017年2月期営業利益予想を240億円から前期比4.8%減の220億円に下方修正した。薬価引き下げやインバウンド(訪日外国人観光客)関連商品の販売鈍化などが響く。ゴールドマン・サックス証券は、通期会社計画の下方修正はサプライズとしたうえで、今期以降の営業利益予想を4%ずつ下方修正。目標株価を5500円から5300円に引き下げた。

 ■島忠(8184) 6.4%安の2826円。Q16年9~11月期(第1四半期)の営業利益は前年同期比29%減の18億800万円。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、販売費中心に経費抑制に努めたが、粗利益の落ち込みをカバーしきれなかったと分析、決算はややネガティブと指摘した。

 ■みちのく銀行(8350) 12%安の200円。普通株式3044万株を発行する公募増資と456万株を上限にオーバーアロットメントによる売り出しを行う。調達資金約72億円はすべて貸出金など運転資金に充当する。

 ■チェンジ(3962) 705円(15%)高の5290円でストップ高。ANAエアポートサービスと羽田空港の手荷物仕分けなど物流分野の自動化を狙いロボット導入実証事業を始めると10日発表した。

 ■富士通ゼネラル(6755) 4.1%高の2681円。SMBC日興証券は投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」、目標株価を2600円から3200円に引き上げた。空調機事業に経営資源を集中してきたことで、業界平均を上回る成長を実現できるステージを迎えつつあると指摘した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。