消費者心理3カ月ぶり改善43.1

2017.1.11 05:00

 内閣府が10日発表した2016年12月の消費動向調査によると、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整済み)は前月比2.2ポイント上昇の43.1となり、3カ月ぶりに改善した。株価上昇で保有する資産価値が膨らんだことや、円安進行で企業の業績が回復するとの見方が広がったためとみられる。

 指数は13年9月の45.4に次ぐ高水準だが、基調判断は前月の「持ち直しのテンポが緩やかになっている」を据え置いた。内閣府は、長期的に見れば横ばい圏内の動きだと説明している。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。