17年注目の新作高級腕時計8選 (1/2ページ)

2017.1.17 05:00

ユリス・ナルダンの酉年記念モデル「クラシコ・ルースター」(同社提供)
ユリス・ナルダンの酉年記念モデル「クラシコ・ルースター」(同社提供)【拡大】

 新年の始まりは厳密に言えば1月1日の午前0時だが、最高級腕時計の製造販売業者にとっては、毎年1月にスイスのジュネーブで開かれる国際高級時計見本市(SIHH)の始まりが真の年明けだ。

 今年で第27回となるSIHHが16日、5日間の日程で始まった。スイスの高級時計大手、リシュモンや独立職人系ブランドなど、合計30ブランドが最新作を出品する。2017年のトレンドがどのようなものになるか、そしてどのメーカーがトップブランドに躍り出るのか。それは「時のみぞ知る」ことだが、以下の情報もその答えを知る手がかりになるかもしれない。注目すべき8点の新作を紹介する。

 ■ジラール・ペルゴ「1966WW.TC」

 ドレッシーな文字盤を持つ落ち着いたモデル。軽やかさと重量感のバランスが素晴らしいワールドタイマー(世界中の現在時刻が分かる機能を備えた時計)だ。

 ■モンブラン「1858クロノメーター・タキメーター限定モデル」(ブロンズ)

 暖かな輝きの44ミリの本体にシャンパン色の文字盤とコニャック色のワニ革ベルトが調和。ブロンズ色のモデルはシリーズ初。

 ■ピアジェ「アルティプラノ」

 極薄ムーブメントの設計・製造に乗り出して60年となる今年、ピアジェは同シリーズから43ミリの自動巻きモデルと38ミリの手巻きモデルを発表する。すっきりとした濃紺の文字盤を持つ両モデルは、極薄時計の最高傑作だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。