ASEAN5カ国の企業が天津進出

2017.1.19 05:00

 「東南アジア諸国連合(ASEAN)天津エコシティー商業センター」への入所契約式がこのほど天津で行われ、ブルネイやマレーシア、インドネシア、タイ、シンガポールの5カ国の企業が中国・シンガポール天津エコシティー(中国名・中新天津生態城)に入ることになった。中国・ASEANセンター貿易投資部の李元・主任は、中国はASEANにとって7年連続で第1の貿易パートナーであり、ASEANは中国にとって5年連続で第3の貿易パートナーになっているとし、「ASEAN天津エコシティー商業センター設立の狙いは中国とASEANの商業、グルメ、文化、観光などの分野での協力を推進することにある」と述べた。中国・シンガポール天津エコシティーは2008年9月に着工、10~15年で完成する予定。(中国新聞社)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。