黒田日銀総裁、保護主義拡大の可能性「少ないのではないか」

2017.1.20 01:04

 日銀の黒田東彦総裁は19日、トランプ次期米大統領が自国経済を過度に優先する経済政策を採用するとの見方について「世界の経済、貿易を大きく損なうような保護主義が広がる可能性は少ないのではないか」と述べた。世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の会場で記者団に語った。

 理由として「米国、日本、欧州、中国もグローバルサプライチェーン(世界的な供給網)に組み込まれている」と説明した。トランプ氏が公約する大型減税やインフラ投資に関しては「米国経済の成長率を引き上げることは世界経済にとってはプラスだ」と指摘した。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。