【高論卓説】「米国分断」は解消されるのか 格差縮小に危ういトランプ政権 (1/3ページ)

2017.1.25 06:17

トランプ米大統領(AP)
トランプ米大統領(AP)【拡大】

 労働経済学者のエンリコ・モレッティ氏が2012年に書いた「年収は『住むところ』で決まる」(プレジデント社)は、当時アメリカでベストセラーになった。この本では「イノベーション都市」の高卒者は「旧来型製造業都市」の大卒者よりも賃金が高いことが統計から示されている。

 金持ちが住むエリアでは、質の高い生活関連サービスを提供する人たちが必要になる。例えば弁護士や歯医者に限らず、高級住宅街の美容師やネイル・アーティストなどの料金をイメージすれば分かりやすい。つまり本人の学歴よりも、むしろ周囲に住む人たちの学歴が賃金水準を決定していることが明らかにされている。

 こうしたイノベーション都市はグローバル化している。高学歴者は全米のみならず世界中から集まり、お互いを刺激し合い、教育水準はますます高くなり、その結果、影響はお金がかかる健康格差にも波及し、男性の地域別平均寿命にすら明確な分断がみられるようになった。「旧来型製造業都市」では、同じアメリカ国民でありながら寿命まで短いのだ。そして地域格差はますます拡大しつつある。

イノベーション都市の不動産業で財を成したトランプ氏

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。