株取引に「人間の感情」は邪魔 100%AI任せのヘッジファンド誕生 (1/3ページ)

 コンピューター科学者でアップルの音声アシスタント「Siri(シリ)」の基盤づくりにも寄与したババク・ホジャット氏は、株取引で人間は感情的であり過ぎると確信している。このため、100%人工知能(AI)に任せる新興ヘッジファンドを始めた。

 同氏は「人間には偏見や感受性、意識、無意識といったものがある。われわれ人間が間違いを犯すことは十分裏付けられている。私に言わせれば、データや統計が純粋に示すものに頼るよりも、人間の直感や説明に依存してしまうことの方が怖い」と述べた。

 金融のプロに勝る

 ホジャット氏が創業した新興ヘッジファンド、センティエント・テクノロジーズは過去10年近くを、AIシステムの秘密トレーニングに費やしてきた。膨大なデータを調査してトレンドを見つけ出し、株取引で学び適応しリターンを挙げられるAIを目指したものだ。テクノロジー業界のベテランで構成する同社のチームは、AI活用によってウォール街のプロに対して優位に立てると見込んでいる。

 センティエントのサンフランシスコにあるオフィスの壁には「ターミネーター」のようにAIが人間のように振る舞う世界を描く映画のポスターが貼られている。

「とんでもない事態が生じた場合、停止ボタンはある」