露、サウジ抜き原油生産最大 昨年12月、日量1049万バレル

2017.2.22 05:00

 ロシアが昨年12月にサウジアラビアを抜き、世界最大の原油生産国となった。ここ数十年で最大の原油供給過剰を受け世界の産油国がその緩和に向けて原油減産合意を実行する前の12月に、両国は供給を制限し始めた。

 共同機関データイニシアティブ(JODI)のウェブサイトで20日発表されたデータによれば、ロシアの12月の産油量は日量1049万バレルと、前月比で同2万9000バレル減少。サウジは前月の日量1072万バレルから同1046万バレルに減った。ロシアの産油量がサウジを上回ったのは昨年3月以来。

 JODIによれば、米国が3位で日量880万バレル。前月の同890万バレルから減少した。4位はイラクで同450万バレル、5位の中国は同398万バレルだった。

 一方、昨年の原油輸出・生産量では、サウジは過去最高を更新した。ブルームバーグが集計したJODIの月次データによれば、昨年の輸出量は1日当たり平均765万バレルと、前年の739万バレルから増加。生産量も1日平均1046万バレルと、前年の1019万バレルを上回った。

 サウジは減産開始前の昨年11、12月に同国が輸出を1日当たり800万バレル強まで増やした。11月の輸出量は2003年5月以降で最大。(ブルームバーグ Claudia Carpenter、Wael Mahdi)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。