月内利上げに強い意欲示す 米有力連銀総裁2人が相次ぎ発言 (1/2ページ)

2017.3.2 05:00

3月の利上げが注目される米連邦準備制度理事会(ブルームバーグ)
3月の利上げが注目される米連邦準備制度理事会(ブルームバーグ)【拡大】

 米金融当局者のうち、特に発言が注目を集めるニューヨークとサンフランシスコの両連銀総裁が2月28日、早ければ3月にも金融政策の引き締めに踏み切ることに一段と強い意欲を示唆した。

 ニューヨーク連銀のダドリー総裁はCNNインターナショナルとのインタビューで、引き締めの論拠は過去数カ月で「一段と説得力のあるもの」になったと指摘。「見通しへのリスクは今や上振れ方向に傾き始めている」との見解を示した。次回の連邦公開市場委員会(FOMC)は3月14、15両日に開かれる。

 サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁はこれに先立ち、3月のFOMC会合では利上げを「真剣に協議」すると見込まれると語った。

 米金融当局者によるタカ派的なコメントは、2009年のグレートリセッション脱却から約8年を経過して米景気拡大の持続性に当局者が自信を強めていることを反映している。こうした楽観論の背景としては、企業や消費者の信頼感の高まりや金融市場に広がる活況、トランプ大統領の下で拡張的な財政政策が講じられる可能性が高まっている点が考えられる。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。