アマゾン、ウェブで不具合 豪ソフト、米鉄道など多数に影響

2017.3.2 05:39

 米インターネット通販大手アマゾン・コムのクラウド部門、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が提供するサービス「S3」で2月28日、不具合が発生し多数のサービスに影響が出た。同社はその後、サービスが復旧したと発表した。

 S3はスポーツ専門局ESPNや米ネットサービス大手AOLなど約15万のウェブサイトがデータの保存、ウェブアプリケーションの管理などに利用している。今回の障害で、豪ソフト企業のアトラシアン、シカゴで通勤鉄道を運営するメトラが影響を受けたと発表した。

 AWSは成長率、利益率ともアマゾン最大部門であり、2016年10~12月期の収益は35億ドル(約3960億円)に上った。データセンターを世界中に備え、ネット映像配信のネットフリックスや金融のキャピタルワンなどの大企業にサービスを提供している。

 データ保存やコンピューター機能の管理におけるクラウドの利便性が広まりつつある中で、アマゾンはマイクロソフトやアルファベットなどのIT大手と同様にクラウドコンピューター事業を拡大している。半面、このようなサービスの普及は、1カ所で問題が発生した際にはその影響がネットワークを通じて広範囲に及ぶ可能性が高まることを意味している。(ブルームバーグ Spencer Soper)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。