タイ国債人気、海外投資家の資金逃避先に バーツ高で輸出や観光に打撃

2017.3.10 05:00

 海外投資家らによるタイ国債投資の増加を背景にバーツ相場が上昇し、同国の輸出・観光産業に打撃を与えかねない情勢となってきた。

 今年に入り東南アジア市場向けでは最多の約21億ドル(約2400億円)の海外マネーがタイ国債に流入した。タイ中央銀行のサンティプラポップ総裁は2月23日、「海外投資家はタイを資金の逃避先とみており、バーツ高はタイ経済の活性化に貢献しない」と述べた。

 みずほ銀行の新興市場の調査役、深谷公勝氏は「タイは輸出主導経済だ。バーツが堅調で、他の新興国通貨が弱い場合、タイ経済にとってマイナスに働く。タイ中銀はバーツの行き過ぎに手段を講じるだろうし、為替市場に口先介入する可能性もある」と述べた。

 タイの経常黒字は対GDP比で10%を超え、外貨準備高が増える中、海外ファンドからタイ国債に資金が流入している。

 他の東南アジア市場が精彩を欠き、タイの魅力が相対的に増した面もある。今年に入りバーツは対ドルで2.2%上昇。これに対し、インドネシア・ルピーとマレーシア・リンギットは、それぞれ0.8%高、フィリピン・ペソは1.3%安となっている。

 タイ中銀の幹部の一人は、市場が米連邦準備制度理事会(FRB)による来週の利上げ観測に身構える中、東南アジアへの資金流入は穏やかになる可能性があると指摘。FRBが利上げを見送る場合、通貨高になる可能性がある国はタイだけでないだろうとも述べた。

 世界銀行によると、2015年のGDPに対する輸出依存度はタイで69%。マレーシアの約70%と並び東南アジアで最も高い水準だ。

 タイの経済成長率は16年10~12月期、前年同期比3%増。これは1年ぶりの低い水準で、マレーシアやインドネシア、フィリピンの成長率より1.5ポイント以上低かった。(ブルームバーグ Yumi Teso、Lilian Karunungan)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。