印南部、ペプシコとコカ・コーラ製飲料が地下水使いすぎで販売中止

2017.3.10 05:00

 インド南部で地場小売店が米清涼飲料大手ペプシコと、コカ・コーラの製品の販売をとりやめる動きが広がっている。業界団体は、両社が地下水をくみ上げ過ぎ、水不足が起きていることに対応した措置だと説明している。

 南部タミルナド州で先週、多くの小売店が両社の製品の取り扱いをとりやめたのに続き、水不足が深刻化している南部ケララ州の小売業者も両社の製品販売を取りやめる計画だ。

 ケララ州で70万を超える小売業者が加盟しているとされる業界団体のT・ナセールディン会長は電話取材に応じ、「われわれは外国企業の炭酸飲料ではなく、地元企業の飲料販売を促すことになるだろう。14日に販売取りやめを発表する」と述べた。

 ケララ州のマシュー・トーマス水資源相は取材に対し、「州政府はペプシコのパラカド工場の地下水利用をさらに制限、または可能であれば停止させる計画だ」と話した。(ブルームバーグ P R Sanjai、Anto Antony)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。