東芝再建 麻生金融担当相、損失確定求める「破産法11条適用3月中に」

2017.3.11 06:07

閣議を終え、記者の質問に答える麻生太郎財務相兼金融担当相=10日午前、首相官邸
閣議を終え、記者の質問に答える麻生太郎財務相兼金融担当相=10日午前、首相官邸【拡大】

 麻生太郎金融担当相は10日の閣議後の記者会見で東芝の経営再建問題に触れ、米原発子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)に米連邦破産法11条の適用を3月中に申請させるべきだとの考えを示した。決算発表が14日の期限に間に合うかどうかは「破産法11条次第だ」と述べた。

 東芝は原発の建設工事の遅れで今後発生する損失を抑えるため、WHに破産法の適用を申請させる方向で調整に入っている。

 麻生氏は破産法申請について「今月中に決定しないといけない。(損失が)確定しないから」と指摘。「きちんと早くやってもらわないと、決算も出しにくいってことになっている」と語った。

 東芝は2月、2016年4~12月期決算を含む「四半期報告書」の関東財務局への提出を延期。3月14日までに提出すると表明している。

 一方、世耕弘成経済産業相はこの日の閣議後の記者会見で東芝再建に関し、個別案件にはコメントしないと断った上で「破産法11条は事業再生という観点で、適用を経て立ち直っている企業はあまたある」と述べた。米政府との間で「米国のエネルギー政策でもあり、問題提起があれば議論する必要がある」との認識も示した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。