人民元に迫る5つの脅威 (1/2ページ)

2017.3.11 05:00

 中国共産党や中国人民銀行(中央銀行)は、人民元にいかなるサプライズも望まない姿勢を明確にしているが、市場関係者らはリスクを認識しており、多方面で波乱に見舞われる可能性を指摘している。主な脅威は次の5つだ。

 (1)タカ派姿勢の米金融当局

 スコシアバンクの通貨ストラテジスト、高奇氏(シンガポール在勤)は、米金融政策が今年は人民元にとって唯一最大のリスクだと指摘する。同氏は年内3回の米利上げを見込んでおり、予想通りなら元建て資産の魅力が低下する。

 (2)トランプ・カード

 トランプ米大統領は選挙活動中に中国を為替操作国に指定して、中国製品への関税を引き上げる考えを表明するなど、中国との貿易について強硬姿勢を取っている。BNPパリバのエコノミストらは7日付のリポートで、貿易戦争となれば中国には「極めて不利」で経常黒字や元に打撃を与え、構造改革ペースも鈍ると予想した。

 (3)経済のつまずき

 中国経済は今年、好調なスタートを切っている。2月の生産者物価指数(PPI)は2008年以来の大きな伸びを記録し、製造業は加速しているが、回復基調を弱めるデータが出れば、元相場を圧迫しそうだ。RBCキャピタルマーケッツのアジア外為戦略責任者、スー・トリン氏は、17年の成長目標達成に向け、中国は元相場の押し下げが必要になり、レバレッジ(借り入れ)拡大に依存せざるを得なくなるとみている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。