NY株反発、112ドル高 利上げ好感

2017.3.16 08:28

 15日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均は大幅反発し、前日比112・73ドル高の2万0950・10ドルで取引を終えた。追加利上げを決めた米連邦準備制度理事会(FRB)が、緩やかな利上げペースを維持する姿勢をあらためて示したことを好感し、買い注文が膨らんだ。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は43・23ポイント高の5900・05と2週間ぶりに5900ポイントを回復し、過去最高値に迫った。

 ダウ平均は、原油先物の価格持ち直しで収益改善が意識された石油のシェブロンやエクソンモービルが買われ、相場を下支えした。

 追加利上げによる米経済への影響について、市場では「金利はまだ極めて低水準で、負の影響はない」(PNCアセット・マネジメント・グループのビル・ストーン氏)との声が上がっていた。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。