世界覆う鶏肉不足の影 ブラジル食肉不正で禁輸、鳥インフル追い打ち (1/3ページ)

2017.3.25 06:15

 ブラジルでの食肉不正問題を受け、同国からの鶏肉輸入を規制する動きが各国に広がっている。同国は世界最大の鶏肉供給国。米国などで発生した鳥インフルエンザも鶏肉の輸出量に影響を及ぼしており、禁輸措置が続けば世界的な鶏肉の供給不足につながる恐れがある。

 輸出の40%占める

 ブラジルの大手食肉加工会社の一部が製造する食品の安全性に関して取り調べが進められる中で、スキャンダル発覚を受けて鶏肉輸入国は直ちに輸入規制に踏み切った。香港と合わせると世界最大のブラジル産鶏肉輸入国である中国のほか、サウジアラビアや韓国、メキシコ、欧州連合(EU)、日本なども輸入を制限した。ブラジルは世界の鶏肉輸出の約40%を占め、世界の鶏肉貿易に大きな穴が開いたままとなる可能性がある。

 折しも、ブロイラー鶏肉の世界2位の輸出国である米国で鳥インフルエンザが発生。今月に入り、鶏肉の最大生産州に数えられるテネシー州やアラバマ州から報告が相次いだ。韓国や世界最大のブロイラー輸入国である日本などが米国産鶏肉の輸入を一部制限している。

 ブラジルと米国は世界で取引される鶏肉の3分の2を産出する。米農務省(USDA)は2017年の世界の鶏肉輸出量が、過去最大の1140万トンに達し、うちブラジルが440万トンを占めると予想していた。他の生産国が不足分を補うことができなければ、鶏肉の供給が世界的に不足しかねない。

米国とブラジルが開けた穴を狙う生産者もいる

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。