最高級ピアノ市場に食い込むファツィオリ 創業者から学ぶ「深さ」 (1/3ページ)

2017.4.2 06:00

ピアノメーカー「ファツィオリ」創業者のパオロ・ファツィオリ氏
ピアノメーカー「ファツィオリ」創業者のパオロ・ファツィオリ氏【拡大】

 人にインタビューする時、動機を聞くことが多い。なぜ、それを始めたのか?と。やはり、その部分に面白いネタを見つけることが多い。

 さて先週のコラムで、ヴェネツィアに近いサチーレに出かけたことを書いたが、そこでピアノメーカーのファツィオリを訪問した。

 同社は世界の最高級ピアノ市場の一角に食い込み始めた1981年創業のメーカーである。工場を見学した後、創業者のパオロ・ファツィオリ氏にインタビューした時のぼくの最初の質問も、冒頭の通り、彼の起業の動機だった。

 サイトなどで創業の経緯はおよそ読んでいた。子供の頃からピアノを弾いていたファツィオリ氏は、家業の家具メーカーに貢献するために機械工学の学位をとる一方、音楽院でピアノ科も卒業していた。

 家具メーカーで働きながらピアニストとしても活動していたファツィオリ氏は、30代になって「世の中に自分が演奏して満足な音を出せるピアノが存在しない」という問題と、「エンジニアとピアニストという二つの知識・経験を活かすことができないか」というテーマが二つ重なり、自分でピアノを作ることを考え始める。

 そして音響や材料の専門家とチームを組み、家具メーカー内に工房を設置し、ゼロからピアノの試作品を何度も作り、やっと満足のいくレベルのピアノができたのが1980年だった。翌年、ピアノメーカーを創業。2010年、ショパンコンクールの公式ピアノに採用されるに至った。その間、わずか30年だ。

 しかし、ぼくの問いにファツィオリ氏の口から出てきたのは、そうした話し慣れているであろう話ではなく、「どうして今さら、そんなことを聞くのか?」という逆の質問だった。

「混迷を極めた世界だからこそ、世に問う意味がある」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。