【投資講座】《外貨の活用》(1)〈今後の為替相場見通し〉大局をとらえて相場観の確立を (4/4ページ)

2017.4.3 15:29

 こうしたなか、欧州の政局が落ち着く秋頃まではドル買いと円買いが綱引きする形となって、ドル円は110~115円のレンジを中心に一進一退の攻防が続くかもしれません。しかし、米国経済が堅調で過度なドル高が進行せず、トランプ大統領による税制改革など経済政策の内容が明らかになれば12月の利上げもあり得るとみています。

 さらに、FRBが保有する証券の再投資を減額し、12月にはバランスシートの縮小開始を公表すると見込んでいます。こうしたなか、日米金利差は名目ベース(10年国債利回り差)で2.6%前後まで拡大し、ドル高・円安のトレンドが顕著になるでしょう。ドル円は年末に向けて120円に向かうと予想しています。

相場展開を大局的にとらえる

 外貨投資の鉄則は相場展開を大局的にとらえることです。自分自身の相場感が明確であれば、日々の円高や円安の勢いに気後れすることなく、相場に時流に乗ることも可能になります。市場環境に応じて相場感を見直すことも大切ですが、運用期間や期待するリターンをあらかじめ設定しておくことも重要です。運用を始める前に、メインシナリオとサブシナリオの双方を組み立てておけば、想定外の状況が起きても冷静な判断と対応が次の投資に繋がっていくと思います。

(※投資講座は随時更新。次回も「外貨の活用」をテーマに掲載します)

【プロフィル】二宮圭子(にのみや・けいこ)

二宮圭子(にのみや・けいこ)SMBC信託銀行 投資調査部シニアFXマーケットアナリスト
シティバンク銀行入行後、法人金融部門・外国為替部にてインターバンク・ディーラー業務に従事。現在はSMBC信託銀行のシニアFXマーケットアナリストとして、為替市場の調査・分析および個人投資家向け情報提供を担当。主にテクニカル分析を得意とする。日経CNBCなどで為替情報を発信中。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。