「世界で2番目に空気が汚い」韓国のPM2.5 中国から飛来も文句言えない実情 (3/4ページ)

2017.4.15 16:06

ソウル市がHPで発表している「大気環境情報」。画面はPM2.5による地域別の汚染度を示している日本語版。「悪い」を示すオレンジが結構多い
ソウル市がHPで発表している「大気環境情報」。画面はPM2.5による地域別の汚染度を示している日本語版。「悪い」を示すオレンジが結構多い【拡大】

  • 北京の公園で、汚れた空気から守るためマスクをして歩く女性たち(AP)
  • ブロッコリー(奥)とブロッコリースーパースプラウト(手前)
  • 韓国の政治は朴槿恵前大統領の逮捕に発展。一方で、PM2.5による大気汚染も深刻な問題に=3月25日、ソウル(AP)
  • 中国・北京の市街地で、大気汚染のためマスクをして外出する人たち(共同)
  • シャープ独自の空気清浄技術「プラズマクラスター」を搭載した空気清浄機=23日、大阪市

 朝鮮日報は、PM2.5が今年になって特にひどくなっている原因について専門家の話を紹介。「(韓国)国内で排出されるPM2.5が大きく増加したことよりも、風や気圧配置などの気象要因が影響を及ぼしているようだ」、「中国からやって来る移動性高気圧が朝鮮半島周辺で停滞する期間が長引いている影響で、以前よりも大量に蓄積された可能性がある」、「3月15日に中国で全国人民代表大会(全人代)が終わると、中国では大都市にある工場が一斉に操業を再開するため、それによって北京などの大気汚染がひどくなることも一つの要因だろう」などとして、韓国に充満するPM2.5は多くが中国から来たものだとしている。

 中央日報は、韓国環境省の分析として「中国から飛来したものが70~80%に達する」と報じた。

 PM2.5は韓国からすればまさにトバッチリといえよう。「積極的な環境外交に乗り出し、中国に言うべきことは何でも言わなくてはならない」(中央日報)と主張したくなるのも当然だろう。

 ところが、中韓関係は、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を受けて悪化している。特に、中国側の韓国側への反発は嫌がらせといいたくなるほど執拗(しつよう)なもので、韓国のさまざまな分野に影響を及ぼしている。しかも、韓国の政治は完全に空白の状態だ。果たして中国と「積極的な環境外交」ができるのだろうか。

ドローンを活用した新手の対策に「冗談じゃないか」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。