比物流市場、異業種の進出相次ぐ 成長見越し資本参加や買収活発化 (2/2ページ)

トラックに貨物を積み込む男性たち=マニラ首都圏(ブルームバーグ)
トラックに貨物を積み込む男性たち=マニラ首都圏(ブルームバーグ)【拡大】

 BDOキャピタルのフランシスコ社長はこうした複合大手の動きについて「物流分野への進出により、グループ内のモノの移動などを最適化できる」と評価した。進出後は、貨物移動の時間短縮が利益増大への鍵になるという。

 英市場調査会社トランスポート・インテリジェンスによると、フィリピンの物流分野の市場規模は、13年の4億7800万ユーロ(現在のレートで約556億円)から20年に9億6200万~14億1000万ユーロへと拡大する見通しだ。

 一方で、フィリピンの物流分野はインフラの未発達をはじめ、官僚主義や不透明な政策といった問題を抱えているとも指摘される。こうした声を受け、ドゥテルテ政権はインフラ整備に積極的に取り組んでいるほか、物流関連の発展計画の策定作業も行っている。

 SMICやMPICの思惑どおりに物流分野が成長していくか。政府やほかの複合大手の動きも含め、フィリピンの物流市場が注目を集めていきそうだ。(シンガポール支局)