秋田県人口100万人割れ ピークの昭和31年から26%減

2017.4.21 12:25


【拡大】

  • 秋田県で最も人口が少ない上小阿仁村。人口減の下り坂に歯止めをかける方策はないのだろうか(渡辺浩撮影)

 秋田県は21日、4月1日時点の県内人口が99万9636人となり、100万人を割り込んだと発表した。県や総務省によると、90万人台となるのは戦前の昭和5年以来87年ぶりで、ピークだった31年の約135万人から26%減少した。東北6県で100万人を割るのは初めて。

 秋田県は高校生の進学や大学生の就職などで県外に流出する「社会減」が多いのが特徴で、約8割を占める。近年は年間約1万3千人のペースで人口が減少している。人口減少率は平成25年から4年連続で全国トップ。国立社会保障・人口問題研究所は、52(2040)年に70万人まで減ると推計している。

 県は今年4月、人口減少対策に特化した「あきた未来創造部」を発足させ、県内での就職支援などを強化しているほか、人口減少を前提とした地域社会の維持も模索している。

 佐竹敬久知事はこの日、社会減を「5年間で半分くらいにしたい」と語った。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。