【高論卓説】侮れない「モノマネ大国」 中国、強固な製造業へ着実に進歩 (1/3ページ)

2017.4.25 06:14

 訪日中国人旅行客が日本で買い物をする際に、偽物を買わされる心配がほとんどないというのが、彼らにとって日本旅行の魅力の一つでもあるようだ。経済協力開発機構(OECD)の調査によると、世界で流通している偽ブランド商品の6割が中国で製造されている。

 中国ではATM(現金自動預払機)からも偽札が出るといわれるくらいで、偽物をつかまされないよう常に神経を張り詰めていなければならない。そのため本来楽しいはずの買い物で疲れてしまうことが多い。

 中国では消費者を保護するために「消費者権益保護法」が制定されている。この法律では「事業者の立証責任」を重くするなど、消費者保護の観点から制度が設けられているのだが、これを逆手に取って偽物販売業者を脅して金を奪う「ニセモノバスター」が現われるなど、消費者保護による「弊害」も生じている。

 偽物ブランドとまでいかなくても、オリジナルを模倣・改造したものが多いのも中国の特徴だ。ただ単に「モノマネ」と侮れないものも増えている。高速鉄道もその一つではないだろうか。

中国の高速鉄道の普及は驚異的なスピード

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。