ゴーン氏、マクロン新大統領を歓迎「全企業に良い知らせ」 過去には対立も (1/3ページ)

2017.5.10 06:10

インタビューに応じる仏ルノーのゴーンCEO(ブルームバーグ)
インタビューに応じる仏ルノーのゴーンCEO(ブルームバーグ)【拡大】

 仏自動車大手ルノーのゴーン最高経営責任者(CEO)は8日、米ニューヨークでブルームバーグとのインタビューに応じ、フランスで7日行われた大統領選の決選投票で、独立系のエマニュエル・マクロン前経済相が勝利したことについて、「グローバル化を支持するマクロン氏の勝利は、仏経済の成長が加速する前兆だ」と歓迎した。

 公約実現能力に期待

 日産自動車と三菱自動車の会長も兼務するゴーン氏は「(マクロン氏が)選ばれた理由は数多くある。その一つは、より大きな経済圏の一部になりたいのか、あるいは保護主義的な経済を望むのかというものだ」と話した。マクロン氏の得票率が反欧州連合(EU)を掲げる極右政党・国民戦線(FN)のルペン氏を大きく上回ったことにも触れ、「企業の経営トップは、マクロン氏の公約実現能力や仏経済の新たな発展に対する期待を一層募らせている」と語った。

 さらに、次期大統領に決まったマクロン氏が「グローバル市場や欧州の統合に価値を見いだし、欧州の重要性を信じる人物だということは、全ての企業にとって非常に良い知らせなのは明らかだ」とも述べた。

マクロン政権下では、仏政府がルノーの株式を売却する可能性が高まる

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。