米国産牛肉、中国に輸出へ 貿易不均衡是正に向けた「100日計画」の内容公表 (1/2ページ)

2017.5.13 06:01

 米中両政府は11日、4月の米中首脳会談で策定を決めた貿易不均衡是正に向けた「100日計画」で、両国政府がこれまでに合意した10分野の内容を公表した。中国が米国産牛肉の輸入を開始するほか、米国の液化天然ガス(LNG)業者による中国への輸出拡大、金融分野での規制緩和などが盛り込まれている。

 同日、会見したロス米商務長官は、今回の合意について「超人的な偉業だ。米中の貿易関係の歴史において成し遂げられてきたことを超える」と胸を張った。米国の対中貿易赤字の削減が促進され、他分野での新たな交渉につながると期待を寄せる。昨年の米国の貿易赤字は対中国が最大で3470億ドル(約39兆4851億円)に上った。トランプ米政権にとっては、貿易に関して交渉を経て合意に至った初のケースとなった。

 共同声明によると、中国は遅くとも7月16日までに、国際的な食品衛生基準などに合致する米国産牛肉の輸入を認める方針だ。

 一方、米国は中国からの調理済み鶏肉の輸入解禁に向けた規定案を同日までに発表する。

 中国は2003年に米国で牛海綿状脳症(BSE)が発見されて以来、米国産牛肉の輸入を禁止しており、米生産者は13億人の中国市場の取り込みを狙う。米業界団体は中国の牛肉輸入市場を約26億ドルと試算している。

 農業分野ではこのほか、中国当局は今月末までにトウモロコシや綿花などの遺伝子組み換え作物(BMO)を含む米国産バイオテクノロジー生産物8種の承認審査に向けた会合も開催する。

外資系企業による中国国内での格付け業務容認も

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。