【今週の予定】15-21日 1~3月期GDP/3メガ銀決算ほか (1/2ページ)

2017.5.15 05:00

(ブルームバーグ)
(ブルームバーグ)【拡大】

 <焦点>

 ▼18日 内閣府が1~3月期のGDP速報値を発表

 内閣府が18日、1~3月期の国内総生産(GDP)速報値を発表する。主要民間シンクタンク11社がまとめた予想値では、実質GDPの平均は前期比年率2.01%増と、5四半期連続のプラス成長になる見通し。2016年10~12月期は同1.2%増だった。引き続き輸出が好調なほか、内需の柱である個人消費が持ち直すとの見方が多い。予想値は4月末に発表された家計調査などを踏まえたもので、いずれもプラス成長。幅は1.4~3.1%だった。最も高い成長率を予想したSMBC日興証券は、輸出がアジアや欧州向けを中心に好調で、個人消費も10~12月期にみられた野菜価格高騰や天候不順の影響が解消するという。

 ▼14、15日 中国が一帯一路サミットを開催

 一帯一路とは、中国から中央アジアや東南アジア、アラビア半島などを結ぶ現代版シルクロード経済圏構想だ。

 ▼15日 メガバンク3行が17年3月期連結決算発表

 生損保では同日に第一生命ホールディングス(HD)やT&DHD、19日には東京海上HDなどが決算発表する。

 ▼17日 内閣府が3月の機械受注を発表

 2月の「船舶・電力を除く民需」の受注額は前月比1.5%増。基調判断を「持ち直しの動きに足踏みがみられる」と、5カ月連続で据え置いた。

 ▼週内にも ソフトバンクの10兆円ファンド募集完了

 ソフトバンクの他、サウジアラビアなど中東の政府系ファンドも拠出。主に医療やライフサイエンス、AI(人工知能)などの分野に出資する。

【15日、月】

 <国内予定>

 ▽8:50 企業物価指数(4月、日銀)

 ▽決算発表=ゆうちょ銀、かんぽ生命、日本郵政、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、みずほFG、三井住友FG、第一生命ホールディングス(HD)、T&DHD、ソニーFH、NTT、出光興産、日本水産、飛島建設、日本道路、東亜建設工業、テンプHD、江崎グリコ、プリマハム、丸大食品、ヒューマンHD、味の素、住友ベークライト、ニチバン、レアジョブ、岡本工作機械製作所、浜井産業、日東工業、船井電機、岡本硝子、サイバーダイン(3月期)、電通(1~3月期)

 <海外予定>

 ▽米 ニューヨーク連銀製造業景況指数(5月)

 ▽米 NAHB住宅市場指数(5月)

 ▽中 経済全体のファイナンス規模、新規融資、マネーサプライ(4月、15日までに発表)

 ▽中 小売売上高・固定資産投資・工業生産(4月)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。