【北ミサイル】新型弾道弾「火星12」発射に「成功」 金正恩氏、核兵器増産を命令「米が正しい選択するまで」 (1/2ページ)

2017.5.15 11:15

北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」と、金正恩朝鮮労働党委員長(中央)の写真(共同)
北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」と、金正恩朝鮮労働党委員長(中央)の写真(共同)【拡大】

  • 北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」の写真(共同)
  • 北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験の写真(共同)
  • 北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」の写真(共同)
  • 北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験の写真(共同)
  • 北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験に立ち会う金正恩朝鮮労働党委員長(中央)の写真(共同)
  • 北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験に立ち会う金正恩朝鮮労働党委員長(中央)の写真(共同)
  • 北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」の写真(共同)
  • 北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験の写真(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、新型中長距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験が14日に「成功裏」に行われたと報じた。北朝鮮は14日、北西部の亀城付近から弾道ミサイルを発射、日本海に落下していた。高度は2111・5キロに達し、787キロ飛行した後、公海上の目標水域に正確に着弾したとしている。

 発射には金正恩朝鮮労働党委員長が立ち会い、米韓などが「正気を取り戻し、正しい選択をするまで高度に精密化、多種化」した核兵器やミサイルの増産と実験準備を進めるよう命令したという。空母を朝鮮半島周辺に展開するなど、圧迫を強めるトランプ米政権に対抗し、核・ミサイル開発を続ける姿勢を鮮明にした形だ。

 朝鮮中央テレビは15日、火星12の発射を放映。4月15日の軍事パレードに登場した新型の一つとみられる。米当局者は14日、米メディアに新型の「KN17」との見方を示した。

 朝鮮中央通信によると、今回のミサイルは大型重量の核弾頭の搭載が可能で、新開発したミサイルエンジンの信頼性も再確認したという。液体燃料を使っているとみられ、北朝鮮が3月に燃焼実験に成功したとする高出力エンジンを基にした可能性がある。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。