【投資講座】《外貨の活用》(4)〈外貨預金の運用〉資産価値と生活の安定へ (4/5ページ)

2017.5.15 06:00

 為替が大きく動く時期や、通貨交換が起きるレート(設定レート)が取引時の為替レートに近いと、通貨交換が起きる可能性は高まる傾向にあります。

 円で預け入れる為替オプション付仕組預金は、以下のようなニーズのある方にお勧めの商品と言えるでしょう。

 ・資産の一部を外貨にしてもよいと考える方

 円で預けた仕組預金でも、条件次第では外貨に交換される可能性があります。ですので、今すぐに外貨が必要というわけではないけれど、外貨を持ち始めてみてもいいかなと考える方向けでしょう。

 ・もう少し円高が進んだら円を外貨にしてもよいと考える方

 為替オプション付仕組預金では円で預け入れる場合、満期時に通貨交換が起きる場合の為替レート(設定レート)は預入時よりも円高のレートとなります(「設定レート」を預入時と同じとすることもできます)。その際、お客様が設定レートをご自身で決定できる(例:預け入れ時点での為替レート:米ドル@111円→「設定レート」109円50銭)テーラーメード型のものもあります。金融機関によって商品性が異なりますので、ご自身に合った商品をお選びください。

 ・円高を待っている間に少しでも高い金利で運用してみようか、と考える方

 円で預けていても昨今ではほとんど金利はつきません。為替オプション付仕組預金なら円高を待っている間に高金利を享受できます。また、あらかじめ「外貨に替えてもよい」と思うレートを設定レートとして指定しておけば、仮に通貨交換が起きた場合でも納得のいくレートで外貨を保有することにもつながります。

為替変動などリスクにも注意を

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。