アジア太平洋の連携議論 APEC貿易相会合が開幕

2017.5.20 07:55

米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表(AP)
米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表(AP)【拡大】

 【ハノイ=田辺裕晶】日本や米国、中国など21カ国・地域によるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の貿易相会合が20日、ベトナムのハノイで開幕した。欧米で保護主義的な動きが広がるなか、域内の貿易や投資の自由化を目指すアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)実現に向けた協力を確認できるかが課題だ。

 日本からは世耕弘成経済産業相が出席。各国貿易相との会談で、FTAAPの土台となる環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉加速について協調を求める。

 貿易相会合の1日目は、FTAAP実現に向けた道筋を協議。TPPとRCEPを軸に加盟21カ国・地域全体で貿易や投資の自由化を目指すが、米国の離脱でTPP発効が不透明になったことの影響も議論する。

 米国からは対日強硬派で知られるライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が参加した。米国優位の2国間交渉に軸足を移すトランプ政権の姿勢を踏まえ日本などに貿易赤字の削減を求める可能性もある。

 21日に声明を採択して閉幕する。21日にはTPP閣僚会合、21、22日にはRCEP閣僚会合も開かれる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。