【ニュース解説】《ソフトバンク躍進》IT巨艦ファンドは有望 孫氏は生涯現役? (1/3ページ)

2017.6.5 06:00

SMBC日興証券の菊池悟シニアアナリスト
SMBC日興証券の菊池悟シニアアナリスト【拡大】

 ソフトバンクグループが躍進している。2017年3月期決算で最終利益1兆円超えを達成。積極的なM&A(企業の合併・買収)戦略で事業を拡大する一方、世界最大規模のITファンド創設で注目を集める。グループを率いる孫正義社長の狙いは何か。同社や通信業界に詳しいSMBC日興証券の菊池悟シニアアナリストに聞いた。

 --利益1兆円突破は国内の事業会社ではトヨタ自動車に続く快挙だ

 「ソフトバンクはあまり期間の利益というのは重視されていないと思う。ビジネスモデルがいろいろ入っており、(傘下の)会社の評価が上下するので、それぞれ見ないといけない。一番キャッシュを生み出す力のある国内の通信事業は安定している。Yモバイルなど第2ブランドが増えていて少し業績の負担になると思うが、なんとか乗り切っていけるだろう」

 --傘下の米携帯電話大手スプリントはどうか

 「利益はコスト削減で改善している。ただ価格競争が激しく、業界4位なので、ずっとゲリラ戦みたいなものを仕掛けないといけない。通信は規模の経済が一番生きる業種だ。したがって3位のTモバイルUSとの統合話が出ている。実現すれば米国事業は改善すると思う」

 「ただ、米国事業は重要かもしれないが、成長事業ではないと思う。もっと経営資源を財務や別の分野、テクノロジーに振り向けるべき。私は孫さんはいずれスプリントを売却するとみている。ソフトバンクがこれまでいろんな試練を乗り越えてきたのは、孫さんが行くべきところと引くべきところを分かっているからだ」

ITファンドはいろんな波及効果がある

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。