【専欄】中国一流企業の世界的価値は? アップル、トヨタより知名度は低いが… (2/2ページ)

2017.6.8 06:00

 中国ブランドは本当に実力がないのだろうか。そうともいえない。米国で発表された16年度「世界のブランド上位500」によると、国別ランキング1位は米国(227)で、2位は英国とフランス(41)、3位が日本(37)と続く。中国(36)は4位で、決して少なくない。

 上位500の創業年数を見ても、平均が約94年で、中国ブランドは、貴州茅台が417年、青島ビールは113年、中国銀行が104年である。歴史と伝統という角度から見ても、中国ブランドは遜色ないといえる。

 しかし中国人消費者は、やはり海外ブランドを選択する。

 「日本で買う漢方薬は、混ざり物が少なくて、副作用もないと聞いている」「米国のビタミン剤やコラーゲンは質がいい」(「新聞1+1」)

 中国人訪日旅行客がこぞって温水便座、炊飯器を購入する爆買い現象は、中国でも有名だ。中国にとっては資金流出でもある。「中国・杭州で製造している商品を何故わざわざ日本まで行って買うのか」と嘆く。

 我々日本人も、中国ブランドは質・信用度などの点で、まだまだ日本製品に及ばないと考えている。しかし今後、イメージと実体が合致するようになれば、世界市場でとてつもない巨大ブランドとなることを、知っておく必要がある。(ノンフィクション作家・青樹明子)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。