【ソーシャルレンディングを知る】(1)企業融資に投資する!? 新しい投資のカタチとは (1/4ページ)

 昨今、急成長を見せている新しい投資手法「ソーシャルレンディング」。今回から始まる連載では、ソーシャルレンディングに特化した比較サイト、メディアを運営する「クラウドポート」が、その仕組みや成長の理由、業界の課題などについて解説していく。(藤田雄一郎)

▽ソーシャルレンディングとは?

 皆さんはこれまで「ソーシャルレンディング」という言葉を聞いたことがあるだろうか。

 ソーシャルレンディングは、昨今、急速に普及し始めている新しいかたちの金融サービス。インターネットを通じて、お金を借りたい会社と、お金を運用して増やしたい個人をマッチングする。

 個人が投資した資金は、プラットフォームを通じて企業に貸付けられる。その資金を用いて企業はビジネスを行い、得られた収益を基に元本の返済および利息の支払いを行う。

 企業側にとっては借り入れた資金を活用することでビジネス拡大の機会を得ることとなり、個人は得られた利息収入によって資産を増やすことができる。借り手と投資家、双方にとってメリットのある仕組みだ。

▽銀行などが対応できない資金需要に応えるソーシャルレンディング

 これまで中小企業への資金供給は、主に銀行やノンバンクといった既存金融機関が役割を担ってきた。その一方で、銀行は、かつて不良債権処理に苦しんだ経験から厳しい審査基準を自らに課すようになった。その結果、審査は柔軟性を欠いたものとなり、たとえ財務的に健全な企業であっても、審査基準に合致しないという理由で、融資を断られるケースは数多く存在する。

盛り上がるソーシャルレンディング市場

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。