【高論卓説】加計学園めぐり見失う本質 既得権守る官僚は“神の手”か (1/2ページ)

 「行政がゆがめられた」という前川喜平・前文部科学事務次官の発言が、安倍晋三政権の恣意(しい)的な政治姿勢を裏付ける証言として流布している。これを安倍政権批判の格好の材料に使うメディアや政治家などの背景には「官僚」は優秀とありがたがる日本人によくみられる心理があるようだ。

 獣医学部の新設は、許認可権を持つ文科省が獣医師の需給バランスの維持などを理由に52年間も抑えてきた。今回、文科省の内部文書にある「総理のご意向」で、その権限を侵されたとして、「行政がゆがめられた」というわけである。

 朝日新聞は5月26日付社説で前川発言を支持して、「国家戦略特区という政権の目玉政策に重大な疑義が生じている」と訴えた。愛媛県今治市の国家戦略特区に獣医学部の新設を計画する学校法人「加計(かけ)学園」の理事長が安倍首相の友人なので、「総理のご意向」でことが進められたのではないかと示唆している。

 6月8日付朝日新聞は「獣医師全体でみれば、その数はむしろ飽和気味」と、前川氏の主張を補強する形で、獣医学部新設の根拠は弱いと報じた。

 民進党、共産党など野党4党は、前川発言と文科省の内部文書により勢いづいている。民進党は「国家戦略特区停止・見直し法案」を参議院に提出し、特区制度による岩盤規制改革の停止を求めるに至った。権限を守りたい官僚には、政界からの願ってもない援軍の登場である。

ホンダとの例が示す“神の手”ではなかった官僚

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。