【ソーシャルレンディングを知る】(3)平均年利8%! 高利回りの理由とは (1/3ページ)

 資産運用先としてソーシャルレンディングが少しずつ注目されてきている一方、その高利回りの理由はまだ広く知られていない。連載の第3回はソーシャルレンディングの利回りが高い理由を解説する。(藤田雄一郎)

▽独自の案件調達ルートと柔軟な融資審査基準

 銀行の預金金利が限りなく0%に近い中、ソーシャルレンディングの比較サイト「クラウドポート」に掲載している事業者22社の平均年利回りは約8%にも達する。なぜ、ソーシャルレンディングは高い利回りを出すことができているのだろうか。

 その理由は、インターネットを活用することによる低コスト運営、そして銀行とは異なる柔軟な融資審査態勢にある。

 ソーシャルレンディングはITを活用し、ウェブサイト上で広く投資家を募ることにより、効率的な投資家獲得を実現している。店舗を持たず、営業員も必要としないため、既存の金融機関に比べて人件費や地代家賃を低く抑えた運用が可能だ。

 また、ソーシャルレンディング事業者は独自の案件調達ルートと柔軟な融資審査基準を合わせ持つことで、「返済の確実性は高いが、既存金融機関からの借入れが困難な案件」を見つけ出して融資をおこなっている。利回りが高いからといって、必ずしも貸倒れリスクの高い案件に対して融資をおこなっているわけではない。

▽借り手企業はなぜ銀行から融資を受けないのか?

 例えば、投資家への年利回りが8%のファンドの場合、ソーシャルレンディング事業者から資金需要者(借り手)への貸出金利は年10~14%程度となる。この金利水準で貸し出しができれば、事業者の取り分を差し引いても、年利8%の利回りを無理なく投資家に支払うことができる。

なぜ借り手企業は金利の高い事業者からお金を借りるのか

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。