米株高、円安で東証続伸 買い一巡後は上げ幅縮小

 14日の東京株式市場で日経平均株価(225種)は続伸した。前日の米国市場でダウ工業株30種平均が過去最高値を2日連続で更新したことや、円相場が円安ドル高傾向で推移していることが買い材料だった。ただ買い注文が一巡すると上げ幅を縮小する場面があった。

 午前10時現在は前日終値比34円16銭高の2万0133円97銭。東証株価指数(TOPIX)は5・97ポイント高の1625・08。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が議会証言で利上げを慎重に進める姿勢を示し、日米の両市場で投資家に買い安心感が出た。市場では「米国での主要経済指標発表や日本の3連休を控え、売買は盛り上がっていない」(大手証券)という見方が出ていた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。